ビデオ

AR/VR テストソリューション

AR/VRデバイスは、生産現場でのオペレーション補助、医療分野、輸送業界、エンターテインメント分野など、さまざまな分野で利用されています。ディスプレイや映像合成でエラーが発生すると仮想世界への没入感が損なわれるため、品質保証においては、これらのエラーを確実に認識し評価する必要があります。このように、ディスプレイの測定は、常に変化する技術的な要求に対応しながら、新らしく刺激的な分野を開拓しています。

スピーカー: Tobias Steinel博士
再生時間: 14分35 minutes秒
ビデオを見る

Instrument Systemsは、精度とスピードを兼ね備えた業界で実績のあるディスプレイテスト・ステーションLumiTopをAR/VRに応用します。このビデオでは、Instrument SystemsのFerdinand Deger博士が、人間の目からインスピレーションを得た光学系について簡単に紹介しています。また、分光エンハンス型イメージング測定器LumiTop AR/VRとLumiSuiteソフトウェアを使用して、AR/VRデバイスのバーチャルイメージを測定・分析する方法についても紹介しています。

スピーカー: Ferdinand Deger博士
再生時間: 02分58分
ビデオを見る

AR/VR(Augmented and Virtual Reality)ヘッドセットは、いわゆるNED(Near-Eye-Display)を使用しており、ディスプレイの計測とテストに新たな課題をもたらしています。このビデオでは、2Dカメラのスピード、分光測定器の高精度さ、人間の目からヒントを得た光学系を組み合わせて、生産現場や研究室での高速で正確なテストソリューションを提供する方法を紹介しています。LumiTop AR/VRは、最先端のAR/VRヘッドマウントデバイス(HMD)のために開発されました。

スピーカー: Tobias Steinel博士
再生時間: 06分46秒
ビデオを見る

Instrument Systemsは、ゴニオメトリック・ディスプレイ測定システム「DMS」をAR/VR用途に最適化しました。このビデオでは、DMSとその独自の顕微鏡光学系を用いたリアルタイムのARデバイス測定を紹介しています。

スピーカー: Andreas Huber
再生時間: 6分33秒
ビデオを見る

NED(Near-Eye Display)では、開発・生産の各段階で様々なテストデバイスが必要になる場合があります。絶対的でトレーサブルな校正コンセプトにより、補完的な測定原理と光測定器(LMD)をシームレスに使用することで、製品開発プロセスの速度と精度を向上させることができます。サンプリングスポット測定とカメラベースのソリューションという2つのアプローチの提案により顧客メリットのある選択肢を提供します。

スピーカー: Tobias Steinel博士
再生時間: 05分03秒
ビデオを見る

もっと見る
オートモーティブ・テスティング・ソリューション

AMS 5000は、自動車のヘッドランプや信号器用光源の測定に適した高性能ゴニオフォトメータです。

再生時間:03分30秒
ビデオを見る

プロダクトマネージャーのArmin Heinrichsdoblerが、LiDARのバリューチェーン全体の光計測ソリューションを紹介します。

スピーカー: Armin Heinrichsdobler博士
再生時間: 02分18秒
ビデオを見る

このプレゼンテーションの目的は、主なOEMディスプレイの要求事項、テストパラメータの実験的検証方法、EOLソリューションの時間効率に関して期待されることを説明することです。

スピーカー: Silke Kirchner博士
再生時間: 10分15 秒
ビデオを見る

最近の自動車インパネのスイッチ・ディスプレイなどは、かつてなく細かい空間的な制御が必要とされています。この開発に歩調を合わせるために、Instrument Systemsは2021年第4四半期にLumiCam 4000Bを導入します。LumiCam 4000Bは、12MPカメラを採用し、2D高解像度の輝度・色計測を行うことで、要求の厳しい自動車の品質保証基準に十分なレベルの欠陥を検出します。

スピーカー: Cameron Hughes博士
再生時間: 2:00 分
ビデオを見る

Instrument Systemsは、現代の光測定の高まる要求を継続的に満たすことを使命とし、業界をリードするイメージング色彩輝度計LumiCamを、ハードウェアとソフトウェアの面で新たに改良しました。新しい電動フォーカスレンズ、高速フィルターホイール、旧モデルと比較してよりコンパクトになったLumiCam 2400Bのデザインは、測定体験を次のレベルに押し上げる機能のほんの一部です。

スピーカー: Silke Kirchner博士
再生時間: 7分49秒
ビデオを見る

VCSELアレイの普及に伴い特性評価における新たな課題が発生しています。特に、VCSELアレイのニアフィールドおよびファーフィールドでの空間測定は重要です。カメラベースのイメージング・システムやコノスコープは、VCSELの空間的な特性の生産テストに適しています。ナノ秒パルスを用いたVCSELのインライン・テストは、VCSELのTOFアプリケーションへの普及に伴い、ますます重要になってきます。

当社のVCSELポートフォリオをビデオでインタラクティブに体験してください。

再生時間: 0分45秒
ビデオを見る

もっと見る
ディスプレイテストソリューション

Display Week 2021において特筆すべき発表内容は、2021年秋に発売予定の新しいLumiTop X20のプレビューでした。LumiTop X20は、これまでの2700と4000をベースに、高解像度のカメラ、柔軟な視野、高いダイナミックレンジを備え、高輝度と低輝度の両方の測定が可能になります。X20の用途としては、均一性評価(特に高輝度・低輝度)や欠陥の検出などが挙げられます。

収録時間: 0分39秒
ビデオを見る

Display Week 2021において特筆すべき発表内容は、2021年秋に発売予定の新しいLumiTop X20のプレビューでした。LumiTop X20は、これまでの2700と4000をベースに、高解像度のカメラ、柔軟な視野、高いダイナミックレンジを備え、高輝度と低輝度の両方の測定が可能になります。X20の用途としては、均一性評価(特に高輝度・低輝度)や欠陥の検出などが挙げられます。

再生時間: 1分31秒
ビデオを見る

インラインディスプレイのテストを次のレベルに引き上げるためのパートナーです。当社の測定装置LumiTopは、プロダクションテストのあらゆる要件を満たすために特別に開発されました。最高の精度で100%のインラインテストを行うために、24時間365日の高速かつ信頼性の高いオペレーションを実現しています。当社のスマート機器監査プロセスと組み合わせることで、ディスプレイテストはより効率的に、より正確になります。

スピーカー: Martin Wolf博士
再生時間: 6分29秒
ビデオを見る

ディスプレイは、携帯電話に代表される多くのコンシューマー製品において、差別化を図るための重要な要素です。メーカーにとっては、生産ラインで100%の品質チェックを行い、製品の最高のディスプレイ品質を確保することが重要です。Instrument Systemsの試験・監査ソリューションにより、ディスプレイの品質は新たなレベルに達し、生産コストを最小限に抑えることができます。

スピーカー: Martin Wolf博士
再生時間: 7分29秒
ビデオを見る

LumiSuiteソフトウェアプラットフォームは、Instrument Systems社のイメージングカラーメータのために特別に開発されました。多様な測定機能と評価機能を備えたLumiSuiteソフトウェアは、ディスプレイの包括的な特性評価に最適です。ラボや品質管理でのアプリケーションのために、このソフトウェアは広範でユーザーフレンドリーなグラフィックユーザーインターフェース(GUI)を提供します。様々な評価に対応できる柔軟なツールを備えており、常に新しい機能が追加されています。また、ソフトウェア開発キット(SDK)を追加することで、自動化されたディスプレイ生産ラインに簡単かつ柔軟に、そして確実に組み込むことができます。
再生時間: 04分35秒
ビデオを見る

DMS 903ターンキーソリューションは、完全にモーター駆動された6軸ゴニオメーターをベースとしており、異なる視野角と可変電気駆動における輝度、コントラスト、および色の特性を測定します。この測定システムは、研究開発や品質管理など、あらゆる用途に最適です。

再生時間: 03分05秒
ビデオを見る

もっと見る
LED テストソリューション

今後の市場動向の予測では、特にUV-Cレンジにおいて、今後5年間で市場規模が2倍に拡大するとした。この予測成長率は、近年のパンデミック状況における消毒規制の厳格化により、予測以上に増加する可能性を秘めています。  Instrument Systems社は、ACSシリーズで3つのUVレンジA/B/Cに対応する3つの校正標準器を開発した。ACS 570-24は、UV-Cレンジをカバーしています。典型的な放射束は40-60mWの間にあり、ピーク波長は280nmです。

動画を見る

超小型のµLEDディスプレイは、その狭帯域発光とµmレンジのピクセルサイズのため、ピクセル補正プロセスに独特の課題をもたらします。拡大レンズ付きのLumiTop 4000は、スペクトル・リファレンス測定と2倍の拡大レンズを備えており、このアプリケーションに理想的です。

スピーカー:Cameron Hughes博士
再生時間: 3分00秒
ビデオを見る

ウエハ上の数千個のμLEDを効率的にテストするためには、テスト手順を並列化する必要があります。そのため、メーカーには、できるだけ多くのμLEDを同時にコンタクトする必要があります。さらに、光学検査は高速かつ正確で、製造フローと同期して実行されなければならない。これは、測定エラーを防ぐために特別に校正された機器を使用した2次元測定でのみ機能します。

スピーカー: Tobias Steinel博士
再生時間: 7分21秒
ビデオを見る

最先端の有機ELやμLEDでは、最適なパフォーマンスを得るために、1ピクセルレベルでの解析と補正が必要です。LumiTop X150は、高解像度のカメラと専用のアルゴリズムを組み合わせ、ピクセルやユニフォミティの補正を高速かつ簡単に行うことができます。

スピーカー: Cameron Hughes博士
再生時間: 5分17秒
ビデオを見る

LGS 350ゴニオフォトメーターは、小型から中型のSSL照明器具やLEDモジュールの角度に依存した空間放射特性の分析に適しています。

再生時間 : 01分29秒
ビデオを見る

LGS 1000ゴニオフォトメーターは、長さ1900mm、重さ50kgまでの大型SSLランプやLEDモジュールの角度依存の空間放射特性を分析します。

再生時間: 01分31秒
ビデオを見る

マルチダイテストは、分光放射計(CASシリーズ)、ソースメーターユニット(LSM1000)、積分球(ISPシリーズ)などの製品環境に対応したユニバーサルソリューションです。

再生時間: 00分52秒
ビデオを見る

もっと見る
VCSELテストソリューション

新しいソフトウェア「SpecWin Pro」は、DUTのDCおよびパルス駆動を可能にします。コマンダーモジュールは、LIV曲線の記録などの測定シーケンスを生成するための使いやすいグラフィカルプログラミングインターフェースです。ビデオでは、LIV測定用システムの典型的なセットアップ、光学測定自体、およびSpecWin Proソフトウェア内の解析機能とオプションを紹介しています。

ビデオを見る

VCSELは、他の典型的なレーザー光源とは対照的に、特別な特性を持っています。そのため、VCSELアレイの分類はより複雑で、「通常の」レーザーには適用されないいくつかの追加的な側面を考慮する必要があります。そのため、VCSELのレーザークラスの検証は簡単ではなく、VCSELの安全性を評価するための分かりやすいガイドラインはまだ発表されていないので、なおさらです。

収録時間: 19分16秒
ビデオを見る

VCSELアレイの普及は,その特性評価に新たな課題をもたらしています。特に、VCSELアレイのニアフィールドおよびファーフィールドでの空間測定が求められています。カメラベースのイメージング・システムやコノスコープは、VCSELの空間的な特性の生産テストに適しています。ナノ秒パルスを用いたVCSELのインライン・テストは、VCSELの飛行時間アプリケーションへの普及に伴い、ますます重要になってきます。

当社のVCSELポートフォリオをビデオでインタラクティブに体験してください。

再生時間: 0分45秒
ビデオを見る

プロダクトマネージャーのArmin Heinrichsdoblerが、LiDARのバリューチェーン全体の光計測ソリューションを紹介します。

スピーカー: Armin Heinrichsdobler博士
再生時間: 再生時間
ビデオを見る

もっと見る