T/R 測定アダプタ

多種多様な材料の分光特性

Loading
Loading Loading
Loading
Loading Loading

ISP 150 T/R – DIN 5036に準拠した拡散反射測定用積分球

Instrument Systemsの積分球ISP 150は、拡散反射するサンプルの透過率と反射率の測定に最適です。ISP 150の設計は、内径、測定ポート、入射角に関して、拡散反射測定のDIN 5036規格の要件を満たしています。ISP 150のコーティングには、硫酸バリウムが使用されています。

ISP 150 T/R – 商品詳細

  • DIN 5036に準拠した拡散反射測定
  • 内径150mm
  • 25mmの計測ポート
  • 8°の入射角
  • 反射率80%の硫化バリウムコーティング
  • テストサンプル用の複数のポート、ファイバー接続部、ハロゲンランプ、グロストラップ

ISP 150はユニバーサルセットアップを採用しているため、さまざまな測定形状に合わせて迅速かつ容易に再構成することができます。交換可能なグロストラップにより、ユーザーは指向性ビーム部分を測定に考慮するかどうかを指定できます。

拡散照明や透過照明を用いた測定ジオメトリの場合、付属のハロゲン光源を球体に直接フランジで取り付けます。しかし、8°の照明は、LS 100 / LS 500シリーズの外部光源を光ファイバーで接続し、光コリメータを使用します。これにより、サンプルへの入射光がわずかに収束した状態で照射されます。

 

測定形状 イルミネーション 計測 応用例
反射 (d/8°)  拡散 8°光沢あり テクスチャーサンプル
反射 (d/8°)  拡散 8°光沢なし 光沢のあるサンプル
リフレクション (8°/d) 8°  グロスで拡散 太陽電池
リフレクション (8°/d)  8°  グロスなしのディフューズ 太陽電池
トランスミッション 0°  拡散 透明サンプル

トランスミッション測定アダプタ – TRA 100

透過率測定アダプタTRA100は、様々な材料の垂直入射時の分光透過率を測定します。代表的な用途としては、光学フィルターやガラスなどの測定が挙げられます。

TRA 100 – 商品詳細

  • 0°以下の対象透過率の測定
  • オプションでハロゲンランプを内蔵、ファイバーコネクターで外部光源に接続可能
  • 波長範囲。380~2200nmまたは200~2200nm
  • サンプル収納部。4 cm x 4 cm x 6 cm (H x W x D)
  • 測定箇所:直径約1cm

TRA100は、Instrument Systemsのすべての分光器で使用することができます。透過したビームは、SMAコネクタ付きのマルチモードファイバー、またはファイバーバンドルを介して分光器に結合されます。TRA 100には、10ワットの電力でTRA 100にしっかりと取り付けられたコンパクトなハロゲンランプと、Instrument SystemsのLS 100 / LS 500シリーズの外部光源用ファイバーコネクタの2つのバージョンがあります。外部光源用のバージョンでは、200~2200 nmの全スペクトル範囲は、対応するランプでのみ利用できます(例:LS 500の重水素ランプとハロゲンランプ)。

モデル

ライトソース

TRA100-210 

ハロゲンランプと分光器用SMAコネクタを含む、分光範囲380~2200 nm

TRA100-211 

ハロゲンランプと分光器用ファイバーバンドルコネクターを含む、分光範囲380~2200 nm

TRA100-310 

分光器と外部光源用のSMA接続端子付き、スペクトルレンジ190~2500nm

TRA100-311 

分光器および外部光源用のファイバーバンドルコネクタ付き、スペクトルレンジ190-2500 nm

反射率測定ヘッド – RMH 45

Instrument Systemsの反射率測定ヘッドRMH 45は、扱いやすく低価格な反射率測定用の測定アダプタです。このヘッドは、45º/45ºの形状ではターゲット反射を、45º/0ºではサンプル表面の拡散反射やリミッションを測定するのに使用できます。

RMH 45 – 商品詳細

  • 45°/0°のジオメトリによる拡散反射/リミッション
  • 45°/45°のジオメトリでターゲットを絞った反射を実現
  • ハロゲンランプ(380~2200nmの波長に対応
  • オプションで光ファイバーを接続して外部光源に

測定の前には、ベースラインを決定するために反射標準器を使用し、その後、反射率測定ヘッドをサンプルに設置します。必要な測定形状に応じて、放射線結合用の光ファイバー・バンドルを、RMH 45の0°または45°コネクタを使って分光器に接続します。

サンプルの照明には2つのバージョンがあります。RMH 45にしっかりと取り付けられた小型のハロゲンランプ(出力は10ワット)は、380~2200 nmの波長範囲の測定に適しています。また、ハロゲンランプを搭載していないバージョンも用意されています。このバージョンでは、LS 100 / LS 500シリーズに光ファイバーとPLGアダプタを介して外部光源を接続することができます。このバージョンでは、紫外域の測定も可能です。