GTB との適合性評価

自動車エクステリア照明の測定セットアップのコンプライアンス保証

Loading
Loading Loading
Loading
Loading Loading

適合性の証明 - 自動車用照明システムの製品承認やCOP試験に欠かせない

Instrument Systemsは、ECEの型式試験のためにGTB Photometry Groupが実施している計量要件(ドキュメントCE3874)に準拠した技術的性能パラメータの包括的な文書とともに、AMSゴニオメータシステムを提供しています。

GTB Photometry Groupは、車両照明技術に関する認定試験機関の代表者で構成される専門家委員会で、光計測アプリケーションの適切な試験手順と品質要件の定義について、自動車業界に助言と支援を行っています。

自動車エクステリア照明の試験設備に求められる要件

車両用ライトは、車両の安全性に関わる部品であり、厳しい法的要件が課せられています。使用される測定技術は、精度と長期安定性の面で非常に高い基準を満たす必要があります。

  • 時には重くてかさばるサンプルを、プログラムされた正確な位置に操作しなければなりません。
  • 光度計が、少なくとも推奨される校正間隔である1年間、安定した正確な測定を行うことを証明しなければなりません。
  • ライトラボ機器の納品時には、詳細なテストレポートの提出が必要です。

包括的な適合性評価

以下の適合性評価は、納入前または設置場所で実施することができます。

  • ゴニオメーターの絶対位置精度のテスト
  • ゴニオメーターの繰り返し精度のテスト
  • すべてのシステムコンポーネントのアライメントのテスト
  • ルクスメーター、三刺激色度計、再帰反射計の測光校正の試験
  • 電源のテスト

以下の適合性評価は、Instrument Systemsのテストラボでのみ実施される場合があります。

  • 輝度計のテスト
  • 分光器のテスト

GTB測光精度ガイドライン(CE3874)によると、このテストの推奨間隔は12ヶ月です。

また、TÜV Rheinlandなどのパートナーと協力してシステムをテストし、システムの適合性を確認することもできます。このサービスは、納品前または設置場所で実施することができます。

認定されたテスト品質

認定証2019年版

Instrument Systemsは、ミュンヘンとベルリンの両生産拠点において、ISO 17025に準拠した数多くの試験に対するDAkkS試験証明書を発行する権限を有しています。