迷光補正

スペクトル中の迷光を低減するための補正マトリックス

Loading
Loading Loading

アレイ分光器がダブルモノクロメーターの迷光レベルにほぼ達するのはなぜですか?

測光および放射測定におけるアレイ分光器の性能の最も大きな制限は、装置内に迷光が入射することである。言い換えれば、アレイ検出器の特定の要素が、指定された以外のスペクトル範囲からの放射線によって汚染されるということです。Instrument Systemsの高性能アレイ分光器CASシリーズでは、設計上の工夫により迷光が効果的に抑制されているため、最初から混入が少なくなっています。

アメリカ国立標準技術研究所(NIST)の補正方法

NISTの方法では、残留する迷光を波長可変のレーザーを用いて補正することができます。これは、レーザーラインの単色放射が、ほとんどの場合、検出器の特定のピクセルに割り当てられるというものです。

この波長のバンドパス関数の外側で測定されたすべての光は、検出器の他のすべてのピクセルから見える、このピクセルの迷光の寄与です。すべての励起波長にわたって検出されたスペクトルの合計は、デバイス固有のマトリクスになります。実信号のバンドパス関数を差し引くと、結果は迷光マトリクスとなります。

迷光補正 CAS 140D - 最高の光学的ダイナミズムと精度を誇るアレイ型分光器

校正時に迷光補正マトリクスを使用すると(オプション)、CAS 140Dの良好な迷光値をさらに最適化することができます。したがって、この測定器は、UV-LEDの正確な測定や光源のハザードクラス(光生物学的安全性)の判定などに最適です。

紫外、赤外、青色光域のLEDの正確な放射量測定

アレイ分光器のCCD検出器はエッジ部分の感度が低いため、迷光補正によるスペクトルへの影響は紫外・赤外のスペクトル領域で最も顕著です。測定したスペクトルを基準スペクトルで割ると、特に感度の低い部分では、迷光に汚染されたスペクトルによる測定誤差が大きくなります。迷光の補正は、特にUV-LEDのラジオメトリック評価の精度を高めることに直結します。

また、迷光補正を行うことで、可視領域の色座標の決定精度が向上します。迷光補正の効果が特に大きいのは、光生物学的な安全性から人間の目に対する青色光の危険性を評価する用途です。