AR / VR

Near-Eye AR / VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)の測定

AR/VRディスプレイのユニフォーミティ、コントラスト、角度特性、色再現度の品質検査

ヘッドマウントディスプレイ(HMD)は、コンピューターで生成された映像を表示します。HMDで見ると、仮想世界(仮想現実 VR)または、実像に重ねられた映像(拡張現実 AR)を見ることができます。ほとんどのHMDメーカーは、目の近くにディスプレイを配置する形を採用しています。

AR / VRデバイスは、さまざまなアプリケーション分野で使用されています。たとえば工場での機械操作支援、医療分野、運輸業界、またはエンターテイメントで使用されます。

映像の表示や映像校正の誤差は、使用者の仮想世界への没入感を損ねます。よって、それらを信頼性高く測定・評価する必要があります。弊社としても絶え間なく変化する評価技術要求に応じていくのは、ディスプレイ測定の分野として新しく、エキサイティングです。

以下のような正確で信頼性の高いディスプレイ測定が提供できます:

  • AR/ VRデバイス映像キャリブレーション
  • 画像欠陥の検出
  • 新しいAR / VR評価技術の開発

課題:広い視野角、目の近くに設置

没入型VRデバイスのディスプレイは、非常に広い視野の映像を表示します。またVRメガネ(スマートグラス)は、人間の目の水平視野全体を映します。これらの映像測定を可能にするには、イメージングシステムが仮想画像のすべての視野域を測定できる必要があります。

ディスプレイが目に近接していると欠陥も拡大され、使用者にとってより目立つようになります。同時に、これらのディスプレイの解像度は、可能な限り現実に近い感覚を作り出すことを目的として、絶えず増加しています。信頼できる測定結果のために、測定器は可能な限り高解像度が必要です。

測定器が人間の目に近いものになるほど、視野全体をカバーし欠陥をよりよく検出できるようになります。

当社のソリューション:DMSゴニオメーターとLumiTop –革新的なAR / VRアプリケーション向けの2つの確立された測定システム

DMS ディスプレイ測定システムは、Instrument Systemsのハイエンド分光器であるCASシリーズがベースとなっています。DMSは自動化されたオールインワンシステムであり、業界でもトップクラスの精度で角度および時間分解の測定を行い人間の知覚システムを再現します。また、例えば周囲の環境光や温度をシミュレートするために、カスタム光学系や環境温度チャンバーなど様々なアクセサリを装備することができます。AR / VRソフトウエアは、アイボックスマッピングやフリッカー測定などの機能を備えています。

The LumiTop測定システム分光器CASの組み込みにより、分光器レベルの測定精度と高速測定が可能な業界でも数少ないタイプのイメージング色彩測定システムです。長年にわたって複数の大手ディスプレイメーカーの生産ラインにて不可欠なものとして活用されてきました。 この優れたシステムをAR / VRディスプレイの測定に使用できるよう、特別なAR / VRレンズを開発しました。

理想的な測定コンセプトを構成するためのご提案をいたします。

御社が抱える課題は何ですか?共に解決策を見つけましょう-ご一報下さい!

Video: Testing solutions for AR/VR devices

動画: AR/VRテストのポートフォリオ