分光器

フルスペクトラムを探る

分光器 - 分光計測システムの基礎となるもの

光線のスペクトル成分を分析するのが光学式分光器です。光学プローブと絶対校正を組み合わせると、分光器となります。適切なソフトウェアとその他のアクセサリを使用することで、分光器は幅広いフォトメトリックのタスクに対するソリューションを提供します。これらは、LEDやディスプレイの製造における品質管理から、照明、LED、レーザー、自動車、ディスプレイなどの分野における全く新しい製品の開発の際に活用いただけます。

 

ラボや生産現場で活躍するアレイ型分光器

光学式分光器の中核となるのは、分析したい光をスペクトル成分に分割して検出器に投影する回折格子です。これにより、各波長のエネルギーレベルを評価することができます。スペクトル全体が同時に検出器アレイに取り込まれるため、ミリ秒単位の非常に短い測定時間を実現しています。

アレイ分光器は、その汎用性の高さから、研究室で広く使用されています。また、堅牢な設計と高い光学的スループットにより、LEDや各種ディスプレイの製造など、産業用途での光の測定にも適しています。

Instrument Systemsは、品質と精度のために

すべての放射特性、測光特性、測色特性は、分光データからソフトウェアで計算することができるため、分光器の品質と精度が非常に重要になります。

これは、Instrument Systemsのコアコンピタンスです。世界的に有名なハイエンドのアレイ分光器と幅広いシステムアクセサリが、30年以上にわたってミュンヘンの拠点で生産されています。膨大な研究開発の結果、常に最先端の技術を駆使した製品やシステムが生み出され、世界中で広く使用されています。国家レベルの校正機関や生産施設で基準器として広く使用されていることが、Instrument Systemsの分光器の品質と精度の高さを裏付けています。

豊富なアクセサリーは、Instrument Systemsのすべての分光器に対応しており、考えられる様々な測定タスクに対応しています。

一つの測定原理-複数の製品ライン

Instrument Systemsは、さまざまなアレイ分光器の製品ラインアップを提供しています。

ハイエンドシステムのCAS 140シリーズは、主に研究室での厳密な測定作業やリファレンス機器として使用されています。一方、CAS 120シリーズは、その高い精度と堅牢な設計により、一般的に工業生産現場で使用されている測定器です。2つのCASシリーズは、UV/VIS/NIRの全波長域をカバーし、CAS 140CTはさらに2150nmまでの赤外域をカバーしています。

また、CAS 140CT-HRCAS 120-HRの2つの高解像度バージョンでは、限られた波長範囲で高い光学解像度を実現しています。典型的な測定アプリケーションは、VCSELやレーザーダイオードなどの狭帯域エミッターです。

Video: Testing solutions for Spectroradiometry