IRセンシング&IRエミッター(LED/レーザーダイオード)

赤外線光源の正確な特性評価

新たなIRエミッターのアプリケーションでは、柔軟で精密な測定方法が求められています。

人間の目には見えない、波長780nm以上の電磁波を赤外線(IR)と呼んでいます。赤外線は、センサーやデータの伝送に適しており、最も重要な応用分野です。

弊社の測定技術に関連するスペクトル範囲は、IR-AまたはNIR(780-1400nm)とIR-BまたはSWIR(1400-3000nm)に細分化されています。

赤外線領域での応用例:

  • 家電製品の3Dセンシング:
    - タイムオブフライト(TOF)
    - 顔認識
  • 自動車/産業の3Dセンシング:
    - LiDAR
    - ドライバー監視システム
    - 使用監視システム-
  • 光学式アンダーディスプレイ指紋センサー(例:1380nm)
  • 近接センサーおよび1Dタイムオブフライト(TOF)
  • アイトラッキングとジェスチャー認識(AR / VR)
  • ヘルスケアウェアラブル用光学センサー
  • ナイトビジョン (カメラ用IR照明)
  • データ伝送
  • 太陽光/ソーラー・シミュレーター

これらのIRアプリケーションの大部分は、IR-LEDとIRレーザーに基づいています。特に、コンパクトなVCSELアレイ(面発光レーザー)の使用により、多くの新しいアプリケーションが可能になりました。

評価課題

IRレーザー/ VCSELの測定の課題

  • 狭帯域のエミッターには、正確なスペクトル測定のために高解像度の分光器が必要です
  • NIRのスペクトル領域(800-1000nm)における出力、VCSELアレイの均一性、および空間放射特性の測定
  • 光出力の温度依存性があるため、温調や短パルス測定(µsレンジ)が必要
  • 3Dセンシングアプリケーションでは、測定に高速フォトダイオードを必要とする極めて短いパルスシーケンス(ns~µs)が使用される

IR LEDやその他の広帯域エミッターの測定に関する課題

  • すべてのアプリケーションをカバーする幅広い波長域 (800-2150nm)
  • さまざまな放射量を正確に測定するトレーサブルな校正
  • 高出力のLEDには、パルス測定(µs~msの範囲)や、温度ドリフトを防ぐための温調が必要
  • 空間放射特性と均一性の測定

Instrument Systemsは、研究室や生産現場でのIR測定のあらゆる要件を満たすハイエンドシステムを提供します。

当社のモジュール式 IR test systems では、VCSELやIR LEDなどのIRソースの測定を可能にする非常に柔軟なシステムを提供しています(詳細については、パンフレット「 IR システムとソリューション」をご覧ください)。

さらに、ナノ秒パルス測定用のPVTシステムや、近距離および遠距離測定用のカメラベースの測定システムVTC 2400およびVTC 4000など、3Dセンシング用のVCSELに特化したシステムも提供しています(詳細は、アプリケーションノート 「VCSELのテストソリューション」をご参照ください)。

測定結果の高い精度と高い信頼性は、すべて測定システムの校正における高い計量能力と組み合わせる事で保証されています。

お客様の課題は何ですか?私たちと一緒に、正しいソリューションを見つけましょう。

ビデオ

関連アプリケーション