VCSEL近场测量系统

灵活、精确的单发射器量测

Loading
Loading Loading

IRカメラによるVCSELアレイの包括的な特性評価

VTC 4000ラボシステムは、拡散光学素子(DOE)を持たないVCSELアレイの柔軟で高精度なニアフィールド特性評価のために特別に開発されました。このシステムはVTC 4000 IRカメラの高い精度と、DUT用3Dトラバースユニットの柔軟性を組み合わせたもので、シングルエミッターレベルでのすべての関連パラメータの包括的な解析を可能にしています。

VTC 4000の精度は、シングルエミッターパワーの偏光依存性を補正する革新的なキャリブレーションコンセプトに依存しており、これまでにない測定精度を実現しています。パワーと偏光の特性は、カメラの視野内で1回の測定を行うだけで決定されます。また、オプションのファイバー出力を利用して、CASシリーズの高分解能分光器(CAS 140CT-HRなど)を接続し、シングルエミッターの分光特性を測定することも可能です。

主な特長:

  • VTC 4000による正確で高速な測定
  • アレイの全シングルエミッターのパワー、偏光、発散特性、M²値の特性評価
  • ビームウェイストの特性評価のための空間放射特性のスクリーニング
  • XYZトラバースユニットによるカメラの画角拡大
  • オプションでファイバー出力と分光器を付ければ、さらに波長を決定可能

要求事項

多様なテストパラメータと工業規格に基づく厳しい仕様のため、VCSELテストシステムには非常に厳しい要求が課せられています。

Instrument Systemsの校正済みの高精度テストシステムは、絶対的なエラーバジェットを最小限に抑えています。これにより、VCSELの性能効率を十分に引き出し、同時に安全な動作を実現しています。テストシステムはモジュラーデザインで、お客様のご要望に応じてカスタマイズすることができます。

VTC 4000は、高精度の測定用カメラで、生産ラインの高速サイクルタイムにも適しています。

VCSELの分光測定には、0.09nmまでの高い分光分解能を実現した分光器CAS-HRシリーズをご用意しています。

システム構成

ニアフィールドにおけるVCSELの特性評価のための研究室の測定ステーションは、通常、以下で構成されています。

コンポーネント 説明

カメラ

VCSELの近距離特性評価用IRカメラVTC 4000、解像度12メガピクセル、視野角1.4 mm x 1.0 mm。オプションでファイバー出力を装備し、高解像度の分光器を接続可能。

分光器

最高0.2 nmの分光分解能を持つCAS 140CT-HRは、冷却CCD検出器を備えたハイエンドの測定ソリューションで、リファレンスシステムなどで最高レベルの安定性を実現します。CAS 140CT-HRに代わる高性能かつ低コストの製品として、最大0.1x nmの分光分解能を持つCAS 120B-HRでも対応可能。

3軸トラバースユニット

拡張された測定タスクのためのXYZポジショニングシステム。

キャリブレーション

910~980nmの範囲でPTBやNISTなどの国家標準にトレーサブルな校正が可能。

ソフトウェア

カスタマイズされた生産工程に簡単に組み込むことができるLumiSuite SDK。

システムに関するアドバイス

お客様のご要望に応じて、システムの専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。お気軽にお問い合わせください!

アプリケーションの例