VCSEL測定評価

0.12 nmまでのスペクトル分解能を持つVCSELの特性評価

Loading
Loading Loading

VCSELの信頼性の高い特性評価のための精密なシステム

VCSELは優れたビーム特性を持っており、重要なアプリケーションに最適です。代表的な例としては、LiDARによる顔認証があります。しかし、人間が存在する環境でレーザーダイオードを使用する場合、そのビーム特性を正確に評価することが不可欠であり、使用する測定システムには大きな課題があります。

Instrument Systemsは、分光器CASシリーズの高解像度版をベースに、ラボでのVCSEL特性評価に最適な測定システムを提供しています。適切なアクセサリを使用することで、多様な個別要件を満たすことができます。お気軽にお問い合わせください。

主な特徴:

  • 0.12nmまでの優れたスペクトル分解能
  • 4msからの積分時間
  • パルスレーザーダイオード/ VCSEL専用のアレイ分光器

要求事項

レーザーダイオードは一般的に、非常に狭いスペクトル領域で極めて高い性能を発揮します。Instrument Systems社は、ラボでのVCSELの測定のために、0.1x nmまでの非常に高いスペクトル分解能と4 msからの積分時間を持つ分光器を提供しています。これらの分光器のトレーサブルな絶対校正の利点は、測定されたスペクトルから放射束を簡単に計算できることです。オプションで測定システムをフォトダイオードで拡張することもできます(パルスレーザーダイオードのパルス形態を測定するため、等)。ns単位のパルスを測定する場合は、専用のシステムを用意しています(PVT 110)。ご希望の場合は、是非お問い合わせください。

システム構成

ラボでレーザーダイオード/VCSELの放射束を測定するためのオールインワンシステムは、通常、以下のコンポーネントで構成されます。

構成要素 説明

分光器

最高0.2 nmの分光分解能を持つ高解像度のCAS140CT-HR 冷却CCD検出器を搭載し、最高の安定性を実現したハイエンドの測定ソリューションとして、リファレンスシステムなどに使用されます。

CAS140CT-HRに代わる高性能かつ低コストな測定器として、最大0.1x nmの分光分解能を持つ高分解能のCAS120B-HR。

積分球

ISP75とISP100は、内径が75mmと100mmの小型の球体です。小型なので、ハンドラーやプローバーシステムへの搭載に適しています。

オプション:フォトダイオード付きISP100(パルスレーザーダイオードのパルス波形の測定などに使用

代替品: ISP150L (内径150 mm、測定ポート径50mm)は、大型のレーザモジュールやアレイに対応し、内蔵の補助光源による自己吸収補正機能を備えています。 

校正 PTBやNISTなどの国家標準にトレーサブルな校正。

ソフトウェア

SpecWinProラボ用ソフトウェア。CAS.dllとSDKにより、お客様の生産フローに組み込むことができます。

IRリファレンスLED(オプション)

ACS-570-15, -17: 860nmと950nmのリファレンスLED。安定した動作と高精度を実現するために、安定性の高い電源PSU-10との併用を推奨します。

システムに関するアドバイス

弊社のシステム専門家は、お客様の特定のアプリケーションについて適切なアドバイスをいたします。お気軽にお問い合わせください。

アプリケーション