LED生産

ウェハ上のLEDチップの完全な特性

最小限の偏差を正確に測定することで、LEDの正確なビニングを実現

最近では光源の多くはLEDベースの光源に置き換えられています。多くの場合、複数のLEDが設置され、光学的にも電気的にも、可能な限り同じ動作をすることが求められます。

これらの半導体部品の特性は、とりわけ、層構造とその組成に依存しているため、個々のLEDのわずかな偏差が、光学的および電気的特性に深刻な影響を及ぼす可能性があります。一個一個のLEDを正確に特性評価し、グループ(ビン)に分類する必要があります。メーカーにもよりますが、LEDはその製造過程でいくつかのテストを行います。これは通常、ウェハレベル(ウェハのプロービングとソーティング)と、販売可能な完成品のLEDパッケージに対して行われます。

LED生産ライン検査における課題

生産現場では、計測システムに厳しい要求が課せられます。

  • 24時間365日の使用に対する高い信頼性
  • 高いスループットを実現するための短い測定時間
  • 正確に制御された測定のタイミング(トリガー)
  • システム間での測定結果の高い再現性
  • 生産工程に合わせた測定アダプター

弊社のソリューション:Instrument SystemsのハイエンドポリクロメーターのCASシリーズ

高品質のポリクロメーターは、LEDの精密な光学測定の分野で確固たる地位を築いています。Instrument Systems社のCAS 140D/CAS 120シリーズは、フルスペクトルを同時測定し、そのスペクトルからすべての光学値を導き出します。完全な光学測定にかかる時間は、わずか数ミリ秒です。可動部がほとんどないため、CASシリーズの分光計は信頼性が高く、メンテナンスもほとんど必要ありません。

細心の注意を払った製造プロセスと、PTBやNISTなどの国家標準にトレーサブルな校正により、結果の比較可能性が保証されています。さらに、Instrument Systems社は、生産現場でのさまざまな要求を満たす測定アダプターと、多様なアクセサリーを開発しました。

国際的なLEDメーカーとの協力関係の構築

長年にわたり、Instrument Systemsは主要なLEDメーカーやそのシステムインテグレーターと協力してきました。世界中に導入されているLEDテストシステムは、数千台に上ります。

当社の製造業のお客様は、以下の分野における当社の広範なノウハウにご満足いただいています。

  • 生産現場で実績のある分光器測定システムのポートフォリオ(CAS 140DCAS 120
  • 測定タスクの計量的な明確化
  • ローカル、オフサイト、オンサイトでの校正
  • モニタリングおよび監査手順
  • 校正光源の提供
  • 測定の並列化
  • グローバルサービスネットワーク

お客様の課題は何ですか?私たちと一緒に適切なソリューションを見つけましょう。

LEDマルチチップテスト