LEDモジュール

積分球によるLEDの特性評価

正確な放射・測光・色度測定

近年、従来の光源からLEDへの置き換えが進んでいます。LEDは技術的にもメリットが多く、一般照明や栽培用照明などへの普及が進んでいます。これに伴いLED製品の開発や品質管理において、さまざまな新しい測定課題が出てきています。

LEDの電気・光学特性を確保するために、半導体コンポーネントはチップから照明モジュールまでの製造工程において、複数回の品質検査を行う必要があります。その測定機器として分光器と積分球などが使われます。特に分光器を用いることにより光束、色温度、演色性、光度などを測る事ができます。

課題と対策:測定機器の最高品質と柔軟性

LEDの製造管理で使われる測定機器には厳しい要件が適用されます。ラボにおいては製造工程に入る準備段階や品質管理を考慮して、高性能かつ拡張性のある機器を選択する必要があります。

ラボ固有のLED測定要件:

  • 高精度の測定と結果出力
  • 測定系における選択肢の幅広さとインタフェースの柔軟さ
  • LEDをソルダーレスで保持するための手段
  • ハイパワーLEDの温度管理

弊社のソリューション:多数のオプションと組み合わせた高品質の積分球と分光器のシステム

Instrument Systems社のISP シリーズは、さまざまな反射材と多数のオプションを備えた積分球です。CAS 高速分光器CASシリーズと組み合わせることで、わずか数ミリ秒で高精度な光学測定を行うことができます。また、さまざまな要求に対応できるアクセサリをご用意しています。

Instrument Systems社が行う機器の校正は、国立計量研究所とトレーサブルな ISO17025 認定のテストラボ で行われます。これにより高精度かつ信頼性の高い測定結果が保証されます。

スペクトル評価用ソフトウェア SpecWinは、測定データの取得および分析に必要なデータ処理機能を備えています。

世界の大手LEDメーカーとの協業

Instrument Systems社は、世界の大手LEDメーカーやインテグレーターとともに長年に渡る協業を続けてきました。その結果、これまで数千台のLEDテストシステムが世界各所に設置されています。

豊富なノウハウを活かして、お客様へ次のようなメリットをご提供できます。

  • さまざまな用途に適した幅広い積分球ラインナップ
  • 生産現場で実績のある分光器ラインナップ(CAS140D、CAS120、HR-CAS)
  • 高性能なソフトウェアパッケージ
  • 測定データの詳細な分析と評価
  • 国内校正およびオンサイト校正(対応の可否は機器により異なります)
  • ISO監査に向けた証明書の発行
  • 校正光源の提供

お客様の課題を教えて下さい。私たちと一緒に適切なソリューションを見つけましょう。

お気軽にご相談ください!

Video:Testing solutions for LED modules

Video