積分球

統合と拡散

積分球による光束の正確な測定

検出器の照度は、検出器が直接露光されていない場合、光源からの光束に比例します。

積分球を用いて光源からの放射パワーや光束を測定することは、測光の最も重要な手順の一つです。積分球は、中空の球体の内面に拡散反射材をコーティングしたもので、光の放射を充分に統合・混合することができます。それを検出器ポートに出力して測定します。

積分球の測定ジオメトリ

光束は、ランプの種類に応じて、異なる測定ジオメトリーで定義されます。

  1. ジオメトリ
    4πジオメトリは、全方向に放射する光源の光束を求めるために使用されます。光源は積分球の中心に置かれ、全方向に放射される光が捉えられます。
  2. ジオメトリ
    2πジオメトリでは、光源は球体の壁面に配置されています。この構成は、LED製品のように背面放射のない光源にのみ適しています。

Instrument Systems: ドイツでの開発・製造

ベルリンとミュンヘンに製造施設を持つInstrument Systems社は、直径50~2000mmの高品質な積分球を製造しています。さまざまなコーティングを施すことで、幅広い技術やお客様のご要望にお応えしています。ご要望に応じて、私たちは喜んでアドバイスさせていただきます。

様々なアプリケーションに適した積分球

LED/SSL

硫酸バリウムコーティングの積分球のISPシリーズは、様々なサイズのLEDやSSL照明器具の測定に適しています。可視光域で優れた反射率97%を実現しています。

UV-LED

硫酸バリウムは、このスペクトル領域では低レベルの反射しか示さないため、UV用途には適していません。この問題を解決するために、Instrument Systemsは、PTFEコーティングされた内径50~250mmの積分球を開発しました。この積分球は、特に200nmまでの紫外域で高い性能を発揮します。

自動車・交通関連の照明技術

OptronikシリーズのITS積分球は、自動車産業や交通照明技術におけるランプやモジュールの特性評価のために特別に設計されました。ランプを柔軟に調整することで、3つの異なる燃焼ポジション(吊り下げ、立ち上げ、水平)を実現します。

対応するアプリケーション:

  • 光束の測定
  • LEDモジュールの品質管理
  • 光源均一性
  • 拡散透過・反射測定