CAS 125

精密でタイムクリティカルな測定タスクのためのアレイ分光器

Loading
Loading Loading

CAS 125 – テスト時間が非常に短く、最高の光学性能を発揮します

Instrument SystemsのCAS 125は、24時間365日のハイスループットの生産アプリケーションの要件を満たすように特別に設計されています。同時に、実験室や開発現場での幅広い測定タスクにも対応しています。

生産ラインでの光学検査は、時間的な制約があります。新製品のCAS 125アレイ分光器は、CMOSセンサーと洗練されたリードアウトエレクトロニクスにより、10 µsという非常に短い測定時間を実現しています。また、センサーには安定化回路が内蔵されており、周囲の環境に左右されない暗電流特性を実現しています。

レシピモード

Spectrometer SDKソフトウェアを使用すると、数千回の測定を1つの測定シリーズ(レシピ)にまとめることができるため、テスト全体の時間を非常に短くすることができます。

低迷光と高い光スループット

分光器ブロックの設計は、実績のあるハイエンド分光器「CAS 140D」をベースにしています。CAS 125は、迷光や光のスループットに関する光学性能により、実験室や研究開発における多様な測定タスクにも理想的に対応します。

豊富なアクセサリと包括的なソフトウェアパッケージにより、CAS 125は幅広い分光器および測光計の測定タスクに対応する完全なシステムを形成しています。CAS 125は、Spectrometer SDKを介して既存のソフトウェア環境に統合することができます。SpecWin Proグラフィカル・ユーザー・インターフェースにより、すぐに使い始めることができ、さまざまなアプリケーションに対応します。

CAS 125 – 製品の詳細

  • 200nm~1100nmの波長域をカバーするスペクトルバリエーション
  • 高度な読み出しエレクトロニクスと温度安定性を内蔵したCMOSセンサー
  • 10μsまでの超短時間の積分時間
  • レシピモードで生産性アップ
  • 高い光学的スループットと密度フィルターホイールを内蔵した分光器
  • プラグ&プレイでアクセサリーを識別
  • 色相関温度(CCT)と演色評価数(CRI)の正確な測定
  • 包括的なソフトウェアパッケージ「SpecWin Pro」と「Spectrometer SDK」

生産現場に近い用途に特化した汎用性の高い分光器

CAS 125は、LEDや照明器具、ディスプレイの生産ラインの生産性を向上させます。

CAS 125は、Instrument Systemsの包括的なアクセサリ・ポートフォリオに加えて、単一のLED、UV LED、VCSEL、SSL製品、さらにはあらゆる種類のディスプレイ(LED、OLED、µLED)の放射測定および光測定に適しています。新しいCAS 125をベースにした光測定システムは、生産現場だけでなく研究室でも、ほぼすべての新しい課題に対応します。

CAS 125 – テクニカルデータ

モデルバージョン

UV/VIS

UV/VIS/NIR

VIS

スペクトルの範囲

200-830 nm

300-1100 nm

360-830 nm

分光分解能(100 µm スリット

3.0 nm

3.7 nm

2.2 nm

データポイントの間隔

0.7 nm

0.9 nm

0.5 nm

統合時間

10µs – 10s

10µs – 10s

10µs – 10s

波長測定精度

±0.2 nm

±0.2 nm

±0.2 nm

指定された値が決定された詳細な測定条件は、データシートやパンフレットで調べるか、Instrument Systemsに請求することができます。

付属品によってはさらに測定範囲可能ですInstrument Systems専門家アドバイスを致します