MultiCASテストシステム

複数のCAS分光器の同期制御

Loading
Loading Loading

1回の測定で非常に広い波長範囲のスペクトルを記録する

Instrument Systemsは、非常に広い波長域での複雑なスペクトル測定や、複数のサンプルを同時に測定するためのインテリジェントなハイエンドソリューションを提供します。この目的のために、トリガーボックスを使用して複数の分光器を並列に制御します。

様々な異なるCASモデルを組み合わせることで、紫外から赤外までの幅広い波長域を1回の測定で分析することができます。また、対応する分析ソフトウェア「SpecWin Pro」のユーザーフレンドリーなMultiCASモジュールは、すべての測定データを均一な測定カーブで評価します。

主な特徴:

  • 使いやすさ:SpecWin Proソフトウェアで仮想分光器機能により、1台の分光器を操作している感覚です。
  • 柔軟性:最大波長範囲で複数の分光器を単一のシステムに組み合わせることができます
  • 投資コストの削減:Instrument Systemsの分光器を自由に組み合わせることができます

幅広い要件

システムに課せられる要件は、アプリケーションによって異なります。波長範囲をできるだけ広くする場合は、スペクトル範囲の異なる分光器を接続する必要があります。サンプルとリファレンスなどの比較測定を並列化するために、同じ波長範囲の分光器を同時に制御できます。

システム構成

コアコンポーネントはMultiCASトリガーボックスです。付属のD-Subケーブルを使用して、最大3つの分光器をトリガーボックスに接続できます。分光器の1つはマスターとして機能し、トリガーボックスの供給電圧と測定を開始するためのトリガー信号を発生します。あるいは、開始信号を外部トリガーソースから入力することもできます。

複数のトリガーボックスをカスケード操作することにより、最大3つの分光器を同期的に制御できます。 SpecWin Proソフトウェア用のMultiCASプラグインを使用すると、操作は一台の分光器と同じであるため、複数の分光器を簡単かつ直感的に使用できます。

構成要素 説明

MultiCASトリガーボックス

9極のSub-Dコネクタを介して最大3台の分光器を同期制御するためのMultiCASトリガーボックス。マスターCASに接続された分光器からトリガーボックスに電圧が供給されます。

CAS 140CT-171

冷却型InGaAs検出器を搭載した,780~1650nmのスペクトル範囲をカバーするCAS 140CT-171 (IR1)は,赤外域で特に高い感度を有しています。

CAS 140D-154

220~1020 nmの波長域をカバーするCAS 140D-154 (UV-VIS-NIR)は、紫外域から近赤外域まで、特に高い感度を有しています。

SpecWin Pro

分光器の制御と評価のためのSpecWinProラボソフトウェア。

MultiCAS plug-in for SpecWin Pro

SpecWin ProのMultiCAS機能を利用するためのプラグインです。

個別の構成

お客様の特定のアプリケーションについて、私たちのシステム専門家が適切なアドバイスを提供します。弊社のグローバル・サービスは、迅速なセットアップとシステムのライフタイム全体にわたる完全なサポートを保証します。お客様と一緒に最適なソリューションを見つけていきましょう。