CAS 140CT-HR

レーザーダイオードおよびVCSEL用の高分解能アレイ分光器

Loading
Loading Loading

CAS 140CT-HR – ラボや製造現場でのレーザーダイオードの精密測定に最適

高分解能分光器CAS 140CT-HRは、Instrument Systemsが開発した CAS 140CT シリーズのアレイ分光器をベースにしています。狭帯域の発光源(レーザーダイオード、VCSEL)を評価するために特別に開発されたもので、非常に高い分光分解能と短い測定時間を実現しています。

冷却CCD検出器を搭載しているため、非常に短い光パルスでも複雑な分光測定が可能で、暗電流やノイズが少ないのが特徴です。また、CAS 140CT-HRでは、より長い積分時間が可能なため、非常に弱い光源にも適しています。

CAS 140CT-HRは、Instrument SystemsのすべてのCASモデルと同様に、ドイツ国立物理工学研究所(PTB)にトレーサブルな校正機能を備えています。USB標準インターフェースをPCIeインターフェース経由で使用することで、トリガーオプションを拡張することができます。濃度フィルターホイールと暗所測定用アパーチャを内蔵しているため、検出器の極めて高いダイナミックレンジを確保しながら、完全な自動測定が可能です。

Instrument SystemsのSpecWinProソフトウェアは、ラボでの包括的な測定に利用できます。さらに、CAS 140CT-HRモデルは、DLLおよびLabVIEW®ドライバに対応しており、カスタマイズされたプログラムや生産環境に組み込むことができます。

CAS 140CT-HR – 製品詳細

  • 0.2 nm FWHM(0.08 nmのデータポイント間隔)までのスペクトルのソリューション
  • 一般的に80、120、160 nmの広い測定範囲(800~1000 nmのスペクトルレンジ)(800 nm未満の測定範囲は要相談
  • 最高の測定感度、ダイナミックレンジ、安定性を実現するアクティブクーリング方式のハイエンドCCD検出器
  • 非常に広い測定可能な強度範囲を実現するNDフィルターホイール
  • 外部トリガーオプションを拡張したUSBまたはPCIeインターフェース
  • ラボおよびプロダクションアプリケーション用のソフトウェアパッケージ

CAS 140CT-HRによるレーザーダイオード測定の多様なアプリケーション

民生用電子機器(顔認識など)、自動車産業(LiDAR)、材料加工(高出力レーザーダイオード)における新技術の開発に伴い、レーザーダイオードは常に新しいアプリケーションに大量に使用されています。Instrument Systemsの高解像度分光器は、開発ラボと生産現場の両方で迅速かつ正確な測定を保証します。

CAS 140 CT-HRモデルは、800~1000nmの狭い測定範囲をカバーしており、狭帯域光源の典型的な測定要件すべてに適しています。

CAS 140CT-HR – テクニカルデータ

モデルバリエーション

グレーティング 1200 本/mm

グレーティング 1200 本/mm

グレーティング 1800 本/mm

スペクトルの範囲

805-975 nm

840-1006 nm

902-982 nm

中心波長

888 nm

923 nm

941 nm

分光分解能(代表値)

0.4 nm

0.4 nm

0.2 nm

データポイントの間隔

0.16 nm

0.16 nm

0.08 nm

波長測定精度

±0.05 nm

±0.05 nm

±0.05 nm

指定された値が決定された詳細な測定条件は、データシートやパンフレットで調べるか、Instrument Systemsに請求することができます。

カスタマイズされた測定範囲(<800nmも)をご要望に応じて提供します。