光生物学的安全性(青色光による網膜障害)の測定

IEC 62471およびIEC/TR 62778に準拠した光生物学的安全性の測定

Loading
Loading Loading

光生物学的安全性(青色光による網膜障害)を正確に測定し、目の損傷を防ぎます。

Instrument Systemsの青色光による網膜障害(BLH)の測定システムは、IEC 62471およびIEC/TR 62778規格に記載されている BLH に従って、LEDランプおよび照明器具を評価および分類することができます。

Instrument Systemsは、主要な国際標準化団体に参加しています。そのため、私たちのハイエンドポートフォリオに含まれる個々のシステムコンポーネントは、最新の要求を満たすために継続的な技術的アップグレードが行われています。定評のある分光器CAS-140Dによる正確なBLHの測定は、テストされたランプや照明器具をリスククラスに分類する際に、最大限の信頼性を担保します。

主な特徴:

  • 国際規格に準拠した青色光による網膜障害の測定
  • 高精度の測定結果に基づいたリスククラスの分類
  • 積分球にPTFEコーティングを施し、UV域での高い感度を実現
  • 青色およびUV域での分光器の最高感度を実現する迷光補正機能

要求事項

テストシステムには、規格に基づいた厳しい要求事項が求められます。

  • 感度の低い青色領域で高い光学的ダイナミックレンジを持つ精密測定装置
  • 再現性の高い測定のために、青色光による網膜障害の測定設置に最適化されたテストアダプタ

国際規格IEC 62471では、直接分光放射輝度を測定する方法(標準法)に加えて、代替プロセスとして、正確に定義された視野で放射照度を測定することが提案されています。測定された放射照度は、立体角で割ることで放射輝度に換算します。

Instrument Systemsが提供するテストシステムにより、標準法と代替法の両方で確実な測定が行えます。

システム構成

光源の青色光の危険性を判断するためのInstrument Systemsのトータルシステムのコアとなるのは、迷光補正されたアレイ分光器です。

標準法で青色光危険度を測定する場合、TOP 150-BLH望遠型光学プローブを使用して、360nmからの放射を直接測定します。

代替法では、放射照度で校正されたPTFE製の積分球と、放射照度の計算に必要な開口部を備えたチューブをテストアダプタとして使用します。このシステムは、青色光による網膜障害の重み付け関数の全スペクトル範囲(300~700nm)をカバーしています。

両方式の重み付け、計算、分析は、ソフトウェア「SpecWin Pro」で行います。

構成要素 説明

分光器

CAS140D-157(UV-VIS)は200〜830 nmのスペクトル範囲で、UV波長である200nmでの高感度が特長です。

TOP 150-BLH
(標準方式用)

ファインダーカメラ付きの光学プローブにより、360nm未満の放射を含まない光源の青色光による網膜障害測定の位置決めと高速測定が容易になります。

ソフトウェア

青色光による網膜障害評価に必要な演算を行うSpecWinProラボソフトウェアです。

迷光マトリックス

分光器固有の迷光補正係数を使用して、可能な限り最良の迷光特性を実現します。

アパーチャチューブ付きPTFE積分球
(代替方式用)

積分球ISP 150-UVは、内径150 mmのPTFE反射材料でコーティングされており、UV波長200nmからの高い光学スループットを実現します。アタッチメント内のチューブは200 mmの測定距離を正確に確保し、規定の立体角の条件となるために必要な仕様の開口部を備えています。

システムに関するアドバイス

私たちのシステムの専門家は、お客様の特定のアプリケーションについて適切なアドバイスを提供します。最適なソリューションを一緒に見つけましょう。

アプリケーションの例