DTS ディスプレイ測定

CAS 140D を用いた分光ディスプレイ・テスト・システム

Loading
Loading Loading

最高の測定精度と利便性

DTS 140Dディスプレイ・テスト・システムは、ディスプレイの輝度およびすべての測色パラメータを分光器で測定するオールインワン・システムです。DTS 140Dは、Instrument Systemsのハイエンド分光器CAS 140Dをベースに、最高の測定精度、最大の安定性、高い変動性を実現するように最適化されています。

DTS 140Dは、以下のようなあらゆるディスプレイ技術のテストに汎用的に使用することができます。

  • ディスプレイや周囲の制御部における発光している記号や文字の測光評価
  • スマートフォンやタブレットなどのコンシューマー製品における従来型ディスプレイの検査
  • 車載用ディスプレイの特性評価

TOP 200は、測定センサーとして機能するテレスコピック光学プローブです。 このプローブには、SpecWin Proソフトウェアにより制御できるアライメント・カメラが搭載されています。これにより、測定スポットを迅速かつ正確にサンプル上に配置することができ、内蔵アパーチャの切替えにより測定サイズを変えることができます。レンズを選択することで、測定スポットの直径を0.075 mmから数cmまで広げることができます。  

ソフトウェアSpecWin Proは、「DTS 140D」で取得した測定データを幅広く解析できます。読み取り値だけでなく、測定点も記録されるため、後で読み出して解析する事も可能です。

主な特徴:

  • CAS 140シリーズのハイエンド分光器による高い精度と安定性の測定パラメータ、トレーサブルな校正
  • アライメント・カメラを内蔵したTOP200テレスコピック光学プローブによる正確かつ迅速な測定点の位置決め。
  • 豊富なソフトウェア「SpecWin Pro 」による測定値の表示と詳細な解析
  • DTS 500シリーズの電動ポジショニングシステムによる、ディスプレイの完全な特性評価

ディスプレイ測定におけるDTSの要件

現在使用されているディスプレイやバックライトパネルのほとんどは、LEDまたはOLEDをベースにしています。多かれ少なかれ狭帯域で特徴のあるスペクトルを持つため、正確な計量判定と評価が可能な分光測定システムが求められている。さらに、低輝度は再現性良く高分解能で適切に測定する必要があります。

この2つのシナリオを想定して開発されたのが、高い感度と測定精度を持つCAS 140D分光器と、最小の測定スポット用に設計されたTOP 200テレスコピック光学プローブです。

システム構成

DTS140Dオールインワン・システムは、通常、次のコンポーネントで構成されています。

構成要素 説明

分光器

Instrument Systems CAS 140Dシリーズ分光器、波長範囲:360~830 nmまたは380~1040 nm。

測定センサー

TOP 200 テレスコピック光学プローブ(アライメント・カメラ付き)。 測定ポイントに焦点を合わせ、データレコードに記録。

ソフトウェア

SpecWin Pro ラボ・ソフトウェアにより、分光器とテレスコピック光学・プローブを簡単に制御でき、測定結果の分析と記録を行うことができます。

校正

PTBやNISTなどの国家標準にトレーサブルな、輝度と放射輝度の校正。

ポジショニングシステム
(オプション)

DTS 400 手動ポジショニングテーブル、または DTS 500 全自動5軸ポジショニングシステム。

自動車から家電製品まで

自動車業界では、「DTS 140D」は第3世代の代表的な製品として、すでに自動車インテリアの照明の輝度と色を測定する標準機器となっています。このシステムは、家電製品、家庭用電化製品、航空機など、他の多くの産業でも定着しています。ここで得られた経験は、システムのさらなる向上に貢献し、すべてのユーザーに利益をもたらしています。

私たちのシステムの専門家が、お客様の課題についてアドバイスさせていただきます。私たちと一緒に適切なソリューションを見つけましょう。